フライトソックスとメディキュットの違い 飛行機の浮腫対策

着圧レギンス 市販

フライトソックスとメディキュットの違い

フライトソックスとメディキュットの違い

フライトソックスとは?

ドクターショールのフライトソックスは英国航空健康協会認定のデザインで、長時間のフライトなどの旅行に最適な機能付きの靴下タイプです。

柔らかい素材を使用して作られているので、快適な着圧を実現し、血流循環を促進して脚の疲れを緩和できます。これらのソックスは、コックピットクルー、ビジネスパーソン、癌患者、医療従事者、長距離ドライバーに適しています。男女兼用の小さいMサイズ(19.56×15.49×2.79cm、80g)および大きなLサイズ(19.5×15.5x2cm、82g)が用意されているため、快適なフィット感を楽しめます。

プラス、防臭抗菌性に優れているので、毎日長時間の着用にも最適です。

関連)ドクターショール フライトソックス ブラック 男女兼用 22〜27cm M L 

フライトソックスとメディキュットの機能の違い

フライトソックスとメディキュットとは、長時間の乗務中や立ち仕事で足にかかる負担・むくみ・足の疲労感を軽減する着圧ソックスです。

フライトソックスは、英国航空健康協会によって検証された靴下タイプで、足首やふくらはぎを段階的に締付し血行促進もサポートします。

メディキュットは機能性を重視した着圧ソックスで、座っている時だけでなく歩かないときでも着用して持続的な血行を対策できます。

また、昼用と夜用の着圧ソックスとしても区別され、昼用はやや緩めの着圧で疲れを軽減し、夜用は強めの着圧で血行促進をサポートします。

フライトソックスとメディキュットの構造の違い

フライトソックスとメディキュットは、ともに着圧ソックスですが、構造の違いがあります。

フライトソックスは、昼用と夜用を選択できる通常のタイプの着圧ソックスであり、足首やふくらはぎを異なる圧力で締め付けることで血行を促進し、むくみを防ぐ効果があります。

一方、メディキュットは足全体を完全に着圧して促進できる特殊な着圧ソックスであり、静脈の流れを効果的にサポートし、むくみなどの問題を軽減することができる。

フライトソックスは足の機能性を考慮した丈なども提案しているが、メディキュットではリブ編みの二段構造とメッシュ編みがあり、柔らかい着心地が特徴となっています。

フライトソックスとメディキュットの価格の違い

フライトソックスとメディキュットは、値段を比較しても大きな差はありませんが、口コミから見るとメディキュットの方が効果が高いという反応になっています。

これはおそらく知名度の差で、実際に使った人が多いため「メディキュットは効果が高い」という声が多いのだと思います。フライトソックスは、日本ではどちらかというとマイナーかも。

フライトソックスには英国航空健康協会からの栄誉ある認定を受けており、夜行バス、デスクワーク、旅行など長時間移動の際などにオススメです。一方、メディキュットは段階的な圧力による着圧を実現し、むくみを抑えて身体をリラックスさせる作用があります。

タイトルとURLをコピーしました