着圧レギンス おすすめ

「足太い…秒で脚やせしたい」と女子に人気の着圧レギンス。

実は、着圧レギンスって「締め付けて見た目だけ細くしてる」ってわけじゃないんです。でも、「3ヶ月後に少し細くなる」とかよりも、「履いたら即、細見え!」のほうが嬉しいですよね。

このサイトでは、おすすめの着圧レギンスや、着圧で足が細くなっていく仕組み、注意点などを解説しています。

着圧レギンス おすすめ人気ランキング 足の引き締め

プレミアムスリムスキニーレギンス

6枚19,620円+着圧トレンカ1枚/1枚2,802円 送料無料
フリーサイズ ヒップ85cm~98cm 身長150cm~165cm

100万枚突破の人気アイテム

スラライン

7枚 19,999円 1枚2857円 送料無料
フリーサイズ

5段階着圧(ふくらはぎ8hPa、20hPa、ふともも17hpa、17hPa、14hPa)

スリッキュ

クロステーピング圧力で、おなか、おしり、太もも、ふくらはぎを補正
5枚 19,500円/1枚3,900円 送料無料
フリーサイズ

1ヶ月待ち状態なので、すぐ欲しい人には向かない

着圧レギンス おすすめ 市販 人気は強力タイプ

強力な高圧力タイプ

着圧レギンスの重要ポイントは締付け力。強ければ良いってわけじゃないんですが、ゆるゆるだと話にならないんですよね。

加圧力は、hPa(ヘクトパスカル)という単位で書かれるのが多いみたいです。台風の気圧と同じ単位ですよね。

たまに「デニール」という単位が記載されている商品がありますが、デニールは布地の厚さを表す単位で、圧力は関係ありません。

着圧レギンスは、ただ締め付けるだけじゃなくて、重力で下の方に停滞する血液を押し上げる機能が超重要。そのため、均一ではなく、足首、ふくらはぎ、太ももなどに段階的に異なる強さの圧力をかけてるんですね。

商品名 足首 ふくらはぎ 太もも
補正屋 天音 27.8hPa 25.3hPa 15.9hPa、おなか8.9hPa
メディキュット 寝ながらメディキュットEX 27hPa 18hPa 13hPa
スリムメイク美脚 24hPa 24hPa 21hPa
スラライン なし 8hPa→20hPa 17hPa→14hPa

楽天で販売している、補正屋レギンス天音(あまね)は、現在見つかる着圧レギンスでは一番の高圧力。足首からお腹までカバーする天音は、高圧力レギンスナンバー1と言えるでしょう。

メディキュット寝ながらメディキュットEXは、メディキュットシリーズ内でも「高圧力」を謳った商品。3段階の加圧で、足首→ふくらはぎ→太ももへの血液の流れをサポートします。理想的な圧力差

スリムメイク美脚は、圧力はけっこう高いものの、足首、ふくらはぎ、太もも間の圧力差が均一に近いため、血流サポートはあまり期待できないかも。ただ、「締め付けて、すぐに細くなりたい」という目的ならアリでしょう。

スララインは、全体として圧力が弱いものの、ふくらはぎ、太ももで5段階に圧力を替えて、血流サポート力を強化しています。特に圧力差の大きいのがふくらはぎ部分です。ふくらはぎが気になる人は要チェック。足首をカバーしていない点が少し残念。

通販サイト(楽天、アマゾン)での売れ筋

楽天では、プチプラ系の着圧レギンスも充実していて、安物は1本1,000円くらいから買えます。


ハイウエスト補正屋レギンス 天音 あまね 送料無料
高圧力レギンスNo.1。1本1,980円とそこそこ安い。


スタイルレギンス BAMBI
3D段階着圧で、下半身のシルエットを美しく見せるように工夫されています。


SHAPEDAYS シェイプデイズ 着圧レギンス
Sサイズに対応した着圧レギンス。他のはMやL以上のサイズしかないので、貴重です。

ライザップの着圧レギンスはグンゼとのコラボで、カロリー消費アップ設計。

着圧レギンス5分丈、10分丈、10分丈サマータイプ、10分丈ハイウェストタイプなどがあります。

はいて歩いてカロリー消費アップするムーブコントロール設計。筋肉の動きを抑制して負荷をかけるように着圧が調整されているんですね。グンゼとのコラボで製造されています。

一番人気は着圧レギンス RIZAPライザップ 10分丈 80デニール RZF201 レディース。

[グンゼ] 着圧レギンス RIZAPライザップ 10分丈 80デニール RZF201 レディース ブラック 日本 M-L (日本サイズM相当)

新品価格
¥1,596から
(2020/10/21 02:40時点)

アマゾンのレディースレギンス・トレンカカテゴリでベストセラー1位になっています。

ほどよい着圧で楽に履ける点と、さすがのグンゼの肌触りが好評。M、M-L、L、L-LL、LLの多彩なサイズ展開であなたのベストサイズを選べます。

値段も安いし、着圧レギンス入門には良いと思います。着圧力表示はありませんでした。

しまむらで売ってる圧着タイツは、RIZAPの着圧レギンスだった

どうやらしまむらで、お手頃な着圧レギンスがあるらしいぞ、という噂を聞いて調べてみました。

実は、しまむらの圧着タイツ=RIZAPの着圧レギンスだったんですね。

たしかに値頃感があります。RIZAPの着圧レギンスの肌触りや伸び具合をチェックしたいというあなたは、近所のしまむらへGO!

メディキュット 寝ながらシリーズが人気。多彩な品揃えあり

着圧レギンスと言えばコレ。芸能人の菜々緒さんのCMで人気のメディキュットです。amazon、楽天で買いやすいのもポイント。

以下の多彩な品揃えがあります。

  • 寝ながらボディシェイプスパッツ 骨盤サポート
  • 寝ながらフルレッグラベンダー
  • 寝ながらメディキュットショート
  • おそとでメディキュット

一番人気は、寝ながらメディキュット 着圧スパッツ M。


寝ながらメディキュット 着圧スパッツ M(1枚入)【rqb-m01】

睡眠を妨げないトゥレス(つま先が開いてる)タイプのレギンスで、足首、ふくらはぎ、太ももに異なる圧力をかける段階着圧を採用。

この商品は寝るとき専用で、足首21hPa-ふくらはぎ16hPa-太もも11hPaと、比較的軽めの着圧になっています。

着圧レギンス おすすめ/引き締め

黒レギンスでエクササイズ

着圧レギンスの効果は、履くだけ美脚とむくみ改善

着圧レギンスの効果は大きく2つ。

1つは、履くだけで美脚になれる点。脚をギュッとサポートして、気になる太ももやふくらはぎ、足首に着圧が加わって、脚をキレイに見せてくれるんですね。

2つ目は、血流を促進させてむくみを解消したり、筋肉負荷をかけて体の消費カロリーをアップさせることで、履いて生活していると、本当に脚やせしてきてしまう点。時間はかかるけど、「気がついたら脚やせしてた」ってすごくない?

着圧レギンス 効果 加圧で脚やせ・引き締め効果はある?
着圧レギンスの効果は、大きく2つ。 圧力で余った脚のお肉を寄せて整えて美脚に見せる 血行を促進して、むくみを改善 運動サポートや骨盤サポートなどの、おまけ機能がついた着圧レギンスもありますが、上記の2つが主な効果と考え...

履くだけで、脚痩せする補正下着的な点も、着圧レギンスの魅力

着圧レギンスを履いた瞬間から美脚になるっていう点が素晴らしい。

やっぱり、努力とかせずに結果だけ手に入れたいじゃないですか。

最近の着圧レギンスはよく出来ていて、要所要所で着圧の強弱をつけて、出すトコ出して、ヘコむところはへこませるんですよね。

余った肉を美しく配分してくれるなんてムダがない…

着用前後でこれだけ変わってくるんですね。


Anela 神トレンカ | ANELA BEAUTY

サイズ感は、キツキツなくらいが最適

着圧レギンスは、履いたり脱いだりが大変なくらいが丁度良いとされています。

とは言え、ジャストサイズを探すのって難しいんじゃないか?って不安になると思います。着圧レギンスはインナー扱いなので試着できないんですよね。

サイズ目安として、身長やヒップ、ウェスト周りのサイズが記載されているものがほとんどです。着圧レギンスは、伸縮性のある生地を使っているので、目安になるサイズをちゃんと確認すれば、「キツすぎて履けない…」ということはないです。

中にはフラミンゴレギンスのように、サイズ交換保証がついているものもあります。

関連 「フラミンゴレギンス」 永久サイズ交換保証

着圧が強すぎると逆効果

サイズが小さすぎる着圧レギンスは、締め付けが強すぎで血流が悪くなります。

着圧レギンスを履いたままで長時間屈んだり、しゃがんだりすると、「ウッ、血が止まる…!」ってくらい体を締め付けすぎて相当な負担となってしまうんですね。

また、長すぎるなどの理由で二重、三重に折って着用すると、折った部分の圧力が高くなってしまい、予想以上の着圧がかかることになるので注意しましょう。

着圧でリンパマッサージがわりの効果を期待

着圧レギンスは、段階的に脚にかかる圧力を変えていて、足首ほど強く、太ももに近づくほど圧力が弱めになっているタイプが一般的です。

段階圧力によって血流が促進され、リンパ節の水分の流れも同時に促進されるんですね。結果として、履いているだけで、リンパマッサージのような効果を期待できます。

着圧レギンスをはくことで、脚の疲れやだるさが軽減されるんですね。夜中にこむら返りを起こしやすい人も原因は脚の血行不良にあるので、着圧レギンスで防止・改善ができます。

足の血流を着圧でサポートし、むくみを改善

むくみ(浮腫)は、重力で脚にたまった水分が原因で起こります。

立ち仕事や、デスクワークなどの座り仕事でも同じ姿勢を続けているとむくみが起こりやすいです。

着圧レギンスは、重力の逆方向に血流や水分が流れるように圧力をかけるので、脚にたまった水分が分散され、むくみが改善されるんですね。

本来、脚の筋肉が、血液を心臓に戻すためのポンプとして使われています。しかし、筋肉が衰えていたり、もともと筋肉量の少ない女性は足ダル&むくみが起こりやすいんです。

立ちっぱなし、座りっぱなしが多くて足がむくんでしまうという人は、足のポンプ機能がうまく働いていない可能性が高いです。

着圧レギンス おすすめ/寝るとき 夜に使用するだけで美脚に

睡眠中の女性

着圧レギンスは、昼と夜で着圧レギンスを使い分けるのがベスト。夜用は、つま先が開放された、トゥレスタイプが主流です。足指のムレや毛細血管への圧迫をなくすんですね。

また、高圧力のレギンスは、慣れないうちは睡眠の妨げになるケースもあります。

睡眠不足は、足にむくみが起こりやすくなる

睡眠不足になると、疲労物質が足の細胞内にたまり酸素不足に。体は、酸素不足を解消するために血液量を増やします。

血液量が増えると水分量も増えるので足にむくみが起こりやすくなるんです。

睡眠前の飲酒もむくみの原因となるため、注意しましょう。

着圧が強すぎると圧迫感で睡眠のストレスになる

もともと着圧レギンスは、重力に逆らって足の下の方から血液を心臓に戻すサポートをするためのもの。

寝ているときは、足は水平状態なので、強い着圧で血流が過剰になる可能性があります。

体は寝ようとしているのに、血流だけが活発に流れると睡眠の妨げになるんですね。そのため、夜用の着圧レギンスは、昼用に比べて圧力が弱めに作られています。

トゥレス(足指開放)&ヒールレス(かかと開放)のトレンカタイプで、睡眠ストレスを軽減

着圧レギンス おすすめ/むくみ

マッサージ中の女性

冷え性は、むくみに大きな関係がある

夏でも足の先が冷たい…というあなたは、足のむくみにもお悩みではないでしょうか。

実は冷え性とむくみには大きな関係があるんですね。

関連 冷えとむくみは関係ありますか。 | オムロン式美人

冷え性の人は血めぐりが悪くなっている状態です。するとリンパ液や細胞周りの水分なども停滞し、むくみとなって現れるんですね。

一般的には、ストレッチやリンパマッサージが有効ですが、強制的に血流を改善する着圧レギンスは、冷え性の人にとっては強い味方になるでしょう。

立ち仕事や同じ姿勢を続けるデスクワークでむくみが起きやすい

立ち仕事では、足の血流が重力の影響で心臓に向かって流れにくくなり流れが滞ります。デスクワークなどの座る仕事でも、膝から下では、やはり血流が流れにくくなっているんですね。飛行機のエコノミー症候群も同じ理由でおこります。

改善するには、脚を水平に伸ばして軽い体操をしたり、ふくらはぎをマッサージするだけでも全然違うんですよね。

エコノミークラス症候群予防【体操・マッサージ編】

足の筋肉量が少ないと、むくみが起きやすい

脚の血液を心臓に送るポンプの役目をしているのは、実は脚の筋肉です。

ふくらはぎの筋肉が動くことで、血液を心臓に戻しているんですね。実は、人間の下半身には全体の7割もの血液が集まっています。

脚がむくんだり、足首の靴下の跡がいつまでも残っているあなたは、足の血液が心臓に戻りにくくなっていることが考えられます。

運動不足に加え、過度なダイエットも足の筋肉が落ちる原因になります。

女性が男性よりむくみやすいのは筋肉量とホルモンが原因

男性よりも筋肉量が少ない女性は、足がむくみやすい傾向があります。

また、ホルモンの働きにより、生理前は余分な水分が体にとどまりやすくなります。黄体ホルモンの分泌量が関係してくるんですね。妊娠中にも足のむくみを感じる女性は多く、約30%の女性が妊娠中にむくみを感じると言います。

マタニティグッズとしても、着圧ソックスが販売されているくらいです。

すぐには足の筋肉なんてつかないよ…というあなたは、着圧レギンスの力を借りると良いかも。

足首のむくみ対策に優秀、ずり上がらないトレンカタイプ

着圧レギンス おすすめ トレンカ

トレンカとサンダル

昼・夜・夏もオールマイティに使えると、人気急上昇な着圧レギンスがトレンカタイプ。

トレンカ

つま先とカカトがオープンになっているタイプです。足に引っ掛ける部分が、トレパンのヒモに似ていることからトレンカと呼ばれています。

トレンカタイプの特徴は3つあります。

  • つま先とカカトがオープンなので、足の毛細血管を締め付けず睡眠を妨げない
  • ズレ上がって来ない
  • サンダルやパンプスと合わせても違和感ない

夏や寝るときに使える上に、徐々にズレ上がってくる気持ち悪さを感じることがないんです。

色んなタイプの着圧レギンスがあって迷う…というあなたは、レギンスタイプを選んでおけば間違いなし!

ソックスやスパッツ、レギンスとの違い

それぞれ、カバー範囲が異なります。

タイプ イメージ カバー範囲
ソックス ◯ 足首
◯ ふくらはぎ
△ ふともも
レギンス △ 足首
◯ ふくらはぎ
◯ ふともも
スパッツ × 足首
× ふくらはぎ
◯ ふともも
トレンカ ◯ 足首
◯ ふくらはぎ
◯ ふともも

ソックス以外は腰回りもカバーできるので、ポッコリお腹対策にも有効。△マークは商品によってはカバーしているものもあるという意味です。

例えば、ソックスは太ももをカバーするハイソックスタイプがありますし、レギンスにも足首をカバーする10分丈タイプがあります。

10分丈レギンスとトレンカの違い

着圧レギンスには10分丈のものがあり、一応足首もカバーしてくれます。

しかし、心情としては、「あともうちょっとだけ長ければいいのに!」というサイズ感ですよね。歩くときの「ずり上がり」も気になります。

そこで、どうにかして足首をカバーできないか…と作られたのがトレンカタイプなんですね。

トレンカは、夏にサンダルやミュールと合わせやすい

夏にも着圧レギンスを履いて細く見せたい!だけど、真夏に黒いストッキングってどうなんだろう…というあなたにおすすめなのがトレンカタイプです。

サンダルやパンプスにも合うんですよね。それほど違和感がないのに、しっかり足首をカバーしてる。

一見すると黒い部分が足って錯覚するので、脚長効果もあります。

日差しの強い日には、黒は本当に暑いのですが、メリットもあります。

冷房の冷えから足首を守ってくれるんですね。デスクワーク主体の人には悪くない選択かも。

サンダルでも滑らない&靴ずれ防止

着圧レギンスはナイロン素材が主体なので、ソックスタイプやタイツタイプはズルッ!と滑って危ないんです。夏場は足に汗をかくので、さらに危ないです。

見た目も靴下履いてサンダル履いてるみたいでおかしいですしね…。

しかし、トレンカタイプはトゥレス&ヒールレスで滑らない。また、サンダルの靴ずれ防止にもなります。

サンダル・ミュールと合わせる着圧レギンスは、トレンカタイプ一択でしょう。

トレンカは、足指・かかと開放で眠りを妨げない

本来、昼間用の着圧レギンスですが、トレンカタイプは夜用にも使えます。

足指・カカトが開放されているため、足の毛細血管をしめつけず、眠りの妨げにならないんですよね。

夜用は、着圧が弱めの夜専用を用意するのがベストですが、トレンカタイプを夜用に使いまわすのも悪くない選択だと思います。

寝ているときにズレ上がってこない点もGood。

傷んできた着圧トレンカがあれば、夜用に使いまわすのも良いかも知れませんね。

着圧レギンス おすすめ/比較 人気の高圧力や骨盤・運動サポートタイプ

レギンスと手

骨盤ケアができるハイウェストタイプ お腹に着圧でくびれも

着圧レギンスには、お腹まわりをカバーするハイウエストタイプがあります。(それ意外にも、ジャストウェスト、ローウェストタイプもあり)

ぽっこりお腹の肉を、美しい下半身シルエットに再配分してくれるんですね。

フィット具合によっては、お腹部分のゴムで「巻き返り」が起こります。(イラッとしますよね、あれ…)そのため、ジャストサイズを選ぶのが大事。

中には、着圧で骨盤ケアができるタイプもあるんですね。複数の素材を組み合わせて、着圧レギンスのポイントポイントでテーピング加工をすることで、自在に骨盤ケアができるというわけ。

たとえば、フラミンゴレギンスという商品は、骨盤サポートに加えて、腰の両サイドのV字着圧で「くびれ」を作ってしまうよう加工されています。

関連 「フラミンゴレギンス」 骨盤サポート&両サイドのV字着圧でくびれを作る

運動サポート機能は、筋肉負荷でカロリー消費量を増やしてくれる

着圧レギンスには、筋肉に負荷をかける着圧で、体の消費カロリーをアップするタイプがあります。

ライザップの着圧レギンスなどは、低伸縮部を絶妙に配置することで筋肉に負荷をかけるというんです。すると、日常の動作の消費カロリーが3割増しになったというデータもあるほど。

ただし、着圧レギンスは本格的な運動をするのには向いていません。吸湿性が低く、汗を吸わないナイロン素材がメインなので、ベタベタするんですね。ハイウェストタイプで、汗をかくほどの強めの運動をすると、お腹が冷えるという口コミもありました。

ウォーキング程度の軽めの運動にとどめておいた方が無難でしょう。

また、インナータイプは、かがんだときに透けるものがあるので、外での運動はオーバーパンツ(上に履くパンツ)は必須です。

強力に引き締める高圧力タイプ

着圧レギンスの圧力は、強ければ強いほど良いというものではありません。

サイズが小さめのレギンスを無理やり履けば、自然に着圧力は強くなります。しかし、そうすると血流が改善されるどころが、血の巡りが悪くなってしますんですね。

特に、着圧を強くしようとしてサイズが小さめなものを選ぶと、しゃがむ姿勢をすることでふくらはぎの衣服圧が高くなり、静脈血が停滞する可能性が高くなります。

そうすると、気分が悪くなったり、足がしびれたりするんですね。長時間の慣れない正座をしてる状態に近いのかも。

こちらは、楽天で「メディキュット高圧力」を上回る着圧力を叩きだした、高圧レギンス。ある程度着圧レギンスを履きこなした中級者以上向けだと思います。


ハイウエスト補正屋レギンス 天音 あまね 送料無料
楽天の高圧力レギンスNo.1。

ナイロンとポリウレタンエチレン素材は、洗濯ネット必須&乾燥機NG

着圧レギンスの多くはメイン素材がナイロン、伸縮部はポリウレタンの複合素材でできています。

ナイロンは軽くて丈夫で、引張や摩擦にも強いのですが熱に弱いです。

また、ポリウレタンは軽くて皺になりにくいため、スポーツェアの素材としてもよく利用される素材です。着圧レギンスでは伸び縮みする部分で着圧のかなめ。しかし、経年劣化が早く2~3年が寿命と言われているんですね。洗濯では手洗い推奨です。

普通に洗濯機でガーッと洗って、ガーッと脱水していると、寿命も早まります。

「着圧レギンスを洗濯したら縮んで履けなくなった」という口コミも結構あります。

手洗い、洗濯ネットに入れて脱水10秒、直射日光を避け陰干し、乾燥機は使わないと丁寧に扱って長持ちさせましょう。

着圧レギンスのおすすめ まとめ

  • 着圧レギンスは、着用時の体型補正と、むくみ改善が期待できる
  • 昼間用、寝るとき用で着圧力やタイプを変えるのが理想
  • トレンカタイプは、足首~太ももまでカバー。ファッション的にもGood。
タイトルとURLをコピーしました