グラマラスパッツのサイズ選び 身長の目安と測り方

グラマラスパッツ

グラマラスパッツの最適なサイズ選びの方法を紹介

グラマラスパッツに限らず、着圧レギンスでは自分のサイズに適切なサイズを選ぶことが重要なポイント。下半身に強すぎず弱すぎないちょうどいい加圧がかけられるんです。

そのため、グラマラスパッツのサイズ選びでは、正しく自分のサイズを測ることがとても大事になります。

ご自分の体を採寸する場合、衣服の上からはNG。裸の状態(ヌード採寸と言います)で測りましょう。

採寸の方法
ウェストの採寸…ウェストの一番細い部分を測ります。ウエストのサイズ表記より実際のサイズは若干大きくなります。
ヒップの採寸…まっすぐ立った姿勢でヒップの市場のおきい部分の周囲を測ってください。
引用:サイズ表・ヌード寸法 | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア

グラマラスパッツのサイズで必要な2つの数値とサイズ目安

グラマラスパッツのサイズ目安

グラマラスパッツは、ウエストサイズとヒップサイズでサイズが決まる

グラマラスパッツでは、サイズを測定する部位はウエストとヒップの2か所だけ。

選ぶのが簡単な点は良いのですが、両方のサイズに当てはまる人は悩むと思います。具体的には、ウエスト77~69cm、ヒップ92~100cmでどちらにも当てはまる人はめちゃくちゃ悩みますよね。

公式サイトによると、両方に当てはまるなら大きい方を選ぶとのこと。

実際、ウエストがM-Lの範囲でしたが、ヒップがL-LLの範囲だったのでL-LLにしたら、ちょうどよかった、という声もあります。

とは言え、ほとんどM-Lサイズ(ウエスト69cm、ヒップ92cmの人など)は、小さい方を選んでも良いかも知れませんね。

 

ヒップを測る時は下着1枚になり測りましょう。

グラマラスパッツのサイズ表記一覧と、各サイズ目安

グラマラスパッツのM-Lサイズ

サイズが両方に該当する場合は大きい方(L-LLサイズ)がおすすめなので、M-Lサイズの適正目安は、

ウエスト 64~69cm/ヒップ87cm~92cm

しっかりめに着圧を感じたい場合はM-Lサイズ、少し余裕をもって履きたい場合はL ‐LLサイズがおすすめです。

そのセットの内容をM-Lサイズ1つ、L-LLサイズ2つみたいに、サイズ違いで組み合わせることも可能です。

重なっている範囲の中間よりも小さいサイズの場合は、M-Lサイズを選ぶことをおすすめします。

最初は小さいほうが痩せると思って自分の適正サイズより小さいM-Lサイズを選びました。

 

グラマラスパッツのL-LLサイズ

ヒップは100cmオーバーまでカバーしているので対応サイズは広いですね。

L-LLサイズですら開封時のウエスト部分の細さに驚きっ!という声もありますが、伸縮性が高いので、思ったよりも履けるんですね。

「L-LLサイズを選びましたが、ほどよく締め付け感あって、ピッタリだった」とか「中途半端なサイズの私ですが、L-LLサイズを選んでよかった」という声がありました。

サイズ違いは効果が激減

目安のサイズ範囲より下の人は、適切に加圧されず効果が出にくい可能性があります。

サイズ範囲より上だと、体型より小さいサイズを身に着けたほうが効果があるように感じますが、実際には体の負担になる場合があります。

グラマラスパッツは日常的に着用すないと効果が出ないので、無理めなサイズだと加圧がきつすぎて、継続できないんですね。

続けて効果的に使用するため、小さめサイズを購入して早く痩せようとするのは避けましょう。グラマラスパッツは適正サイズで効果が出るよう設計されています。

サイズ間違いがなければ、12の効果があなたのボディをサポートしてくれます。

サイズ感が大きくてゆるい/小さくてキツい場合のデメリット

両方のサイズに当てはまるなら、公式サイトにある通り大きい方のサイズを選びましょう。

ウエストかヒップのどちらか一方でも大きい方のL-LLサイズに当てはまれば、L-LL サイズを選ぶのが良いでしょう。

しかし、キツすぎたり、入らないくらい小さくて履けなかったらイヤだと思って、大きい方のサイズをチョイスして失敗したという人も居ます。

大きくてゆるい場合のデメリットは、効果が実感しにくい点。

小さくてキツい場合のデメリットは、つらすぎて継続出来ない点です。

「大きい方のサイズを購入しましたが、キツすぎて使用を中断した」という声もあります。

一般の衣服はサイズ表記よりも多少大きめに作ってあるものですが、グラマラススパッツはサイズ表記よりも小さめに作ってある感じがしますね。

スパッツの長さと身長表記の目安

グラマラスパッツには、サイズ目安に身長表記はありません。

しかし、股下の長さがM-LとL-LLとでは5cm違うんですね。

各サイズにふさわしい身長や体重の基準はありませんが、股下の長さ次第では、L-LLサイズを選ぶほうが良いケースもあります。

グラマラスパッツは伸縮性があるので、サイズ範囲なのにゆるくて下がってくるということはなさそう。低身長・高身長でも特に悩むことはないでしょう。

身長を基準にするより、ウエストやヒップのサイズで選びましょう。

グラマラスパッツのサイズ選びの注意点

サイズ違いじゃないか確認

万が一の場合に備えてですが、届いたら注文したサイズかどうかをチェックしましょう。

グラマラスパッツの特定商取引法に基づく表記
引用:グラマラスパッツの特定商取引法に基づく表記

グラマラスパッツの返品は、着用前、未開封の状態に限られているんですね。

もし、M-Lを注文したつもりがL-LLが届いていて、あれっおかしいなーと思って着用したら、メーカー側のミスだったとしても返品・交換ができないんです。

開封済みで交換ができるのは、初期不良(最初から破れてるとか、縫製がおかしいとか)の場合のみなんですね。それでも、一回着てしまったらアウト。厳しい。

なので、届いたらかならずサイズ表記をチェック!

袋から出したら、着る前におかしいところがないかチェック!

しましょう。

Sサイズがない

グラマラスパッツには、Sサイズがないので、小柄な人には不満かも知れません。

サイズ感はM-Lサイズで問題ない、という意見もありますが、ウエストサイズ64cm~、ヒップサイズ87cm~というサイズは、Sサイズの人には大きすぎますよね。

着圧レギンスは、基本的に大きめサイズがほとんどで、Sサイズの人は諦めるしかないのが現状です。

参考 Sサイズに対応している着圧レギンス

グラマラスパッツのサイズが違う場合、実感しづらくなる

サイズ違いだと、履いてても効果が出にくい

グラマラスパッツに限らず、履いているだけで脂肪が落ちるという効果は期待しないほうがよいでしょう。

着圧レギンスは、加圧で脚にたまっている水分やリンパが適正に再配分されて美脚効果やむくみ解消が期待できるんですね。

もし、サイズが違っていてゆるかったとしても、効果が出るのに時間がかかりますが全く効果がないわけじゃないです。サイズが小さいとそもそも履けないので問題外ですけどね…。

適正サイズこそ、最大限に効果が出るポイントだと覚えておきましょう。

サイズが小さいと体に悪影響を及ぼす可能性も

グラマラスパッツなどの着圧レギンスは、サイズ感が小さいほど着圧が強くなります。

そのため、無理しても小さいサイズを履いたほうが効果が高いのでは…と思いがちですが、サイズ目安を超えて無理やり小さいものを履くと悪影響が出る可能性があります。

効果が出ないどころか、血管などに負担がかかりすぎてしまうんですね。

小さいサイズのスパッツの利用に関して、国民生活センターから「加圧を利用したスパッツの使い方」で注意喚起がされていました。

特に「しゃがむ」姿勢をしたときに膝やふくらはぎの衣服圧が高くなり、静脈血が停滞しやすくなる可能性があった。
引用:加圧を利用したスパッツの使い方に注意!(発表情報)_国民生活センター

無理やり小さいサイズを履くことで、想定以上に圧が体にかかってしまうんですね。椅子に座ったり、しゃがむ動作で特に圧が高くなるため、「しゃがめないぐらいパツパツの小さいサイズを履く」のは避けましょう。

関連 グラマラスパッツの口コミ

タイトルとURLをコピーしました