ライザップの着圧レギンスの口コミ 運動と効果、サイズ感

4.0
着圧レギンス 市販

ライザップの着圧レギンスの口コミをまとめました。

ライザップ 着圧レギンスの口コミ

ライザップの着圧レギンスは、およそ30種類。

  • 3分丈、7分丈、10分丈あり
  • ウォームタイプ
  • 80デニール 分厚いタイプ
  • はいて歩いてカロリー消費アップ
  • ハイウェスト

口コミ件数で人気はどれかを調べたところ、ダントツで80デニールの分厚いタイプでした。

参考 ライザップの着圧レギンス 口コミ件数順

2枚セットと1枚単品の製品があり、セット割引で安くなるせいか2枚セットの方が人気が高かったです。

商品はこれ。


【全エントリーでポイント11倍】【2枚セット】ライザップ RIZAP 着圧レギンス レディース 10分丈 お家ダイエット カロリー消費 80デニール ブラック 黒 (M-L・L-LL) 日本製 グンゼss-12

80デニールというのは、着圧の強さではなくて布地の分厚さを示す単位。80デニールに関する詳しい説明は見当たりませんでした。

本当なら、通常品が何デニールで、80デニールはどのくらいだみたいな情報があれば良いんですが…。

「寝るときに着用しないでください」と書いてあるので、比較的着圧は強めなようです。

参考までに、タイツだと以下の様な目安です。

  • 25デニール ストッキングに近い
  • 60デニール 素肌がうっすら透けて見える
  • 80デニール ほぼ透け感なしで温かい
  • 160デニール 冬の寒さもしっかりカバー

引用:タイツのデニール数って結局どれを選べばいいの? マルイウェブチャネル

80デニールが人気あるのは、寒い時期だからか(今回調査したのは12月上旬)、ライザップの着圧レギンスは薄くて破れやすいから分厚いのを…ということかも知れないですね。

ライザップ 着圧レギンスの仕様

公式サイトによると、ライザップ着圧レギンスは、以下の様な仕様になっています。

  • 段階着用圧設計
  • ムーブコントロール設計
  • ストレッチウエストバンド
  • はいて歩いてカロリー消費アップ

段階着用圧設計は、足の部位ごとに着圧の強度を変えて足を美しく見せます。hPaなど具体的な強度での表示はありませんでした。

ムーブコントロールは、ヒップから太ももにかけて、伸縮しない繊維が仕込んであって適度に加圧する仕組み。

ストレッチウエストバンドは、ゆったり目のウェストバンドで締め付けずに楽に履けるようになっています。

はいて歩いてカロリー消費アップは、温度25度湿度60度の室内で15分運動したときに、ライザップの他製品着用時と比べてカロリー消費がアップしたとのこと。どのくらいアップしたのかは不明でした。

全体的に具体的な数字がなくて、フワッとした感じですね。値段は1着1,500円ほどとかなりお安いので、お試しに購入してみるのは良いかも知れません。

フルレッグ品だと、一般には3,000円以上はします。

ライザップ 着圧レギンスのタイツ

レギンスと比べて、ライザップの着圧タイツ(足首以下もカバーするタイプ)は全然人気ないんですよね。


【最大30%OFFクーポン対象】【ゆうパケット送料無料】GUNZE RIZAP はくだけでヒップアップ&シェイプ 着圧タイツ 60デニール レディース グンゼ ライザップ 提携 01-RZW203

値段は1着1,100円と安く、口コミも少ないながら悪くはありません。

思い当たる点は、タイツタイプは足首から先をカバーしているので、めちゃめちゃ履きにくいっていう点ですね。サッと履いて出かけられないのって、けっこうなストレスなんですね。

着圧インナー経験者は、「タイツは履くのに時間かかって面倒くさいから、レギンスタイプにしよう」ってなるのかも知れません。

ライザップ 着圧レギンスはグンゼと共同開発

実はライザップの着圧レギンスって、ライザップが単独で開発したわけじゃなく、グンゼと業務提携して開発してるんですね。

グンゼ(GUNZE)は、アンダーウェアで有名なメーカー。通販でも入手できます。

ライザップ(RIZAP)着圧レギンスは、ライザップ(RIZAP)が監修 、グンゼが生産と販売を担当しているんですね。

メーカー信頼度は抜群。グンゼが作ってるんなら安心だな、っていう声もちらほら。

ライザップ 着圧レギンスの効果

ライザップ 着圧レギンスのハイウエストの効果

ロゴ付きストレッチウェストバンドはただのデザインではありません。お腹に食い 込まないようになっています。履き続けていても苦しくならないための工夫なんですね。

また、履きやすいように、ウエストバンドは幅広で、締め付けは比較的ゆるめになっています。履くときは、ウェスト部にロゴ入りストレッチウエストバンドが来ていればOK。

ハイウエストの効果として、お腹のお肉が分散されてポッコリが瞬時にわからなくなっちゃう点があげられます。ウェストの上にお肉が乗ることもないので、比較的身体にピッタリしたトップスも着られる点も嬉しいですね。

ライザップ 着圧レギンスは痩せる?

ライザップの着圧レギンスにかぎらず、着圧レギンスとはあくまでサポートアイテム。何故か急に楽に痩せていく、みたいな効果はありません。

どちらかというと、ライザップ式のダイエットと併用して着用すると、「最初からある程度痩せた体を体感しながらダイエットを続けられる」という点がメリットではないでしょうか。

「なかなか痩せないなあ」と考えていると心が折れてしまいますが、着圧できれいなラインを作って日々を過ごせば、結果だけをすぐに手に入れた気分になれて楽しい…というのかな。

ライザップ 着圧レギンスで運動

「はいて歩いてカロリー消費アップ」と、ライザップらしいアピールがされているのが、ライザップ着圧レギンス。

ライザップの着圧レギンスにはカロリー消費アップ(測定環境 25℃湿度40%、トレッドミル15分間歩行)と表記があります。

トレッドミルはベルトコンベア式のルームランナーですね。

ルームランナーで15分歩いた時に、ライザップ社の別製品と比べてカロリー消費がアップした、ということですね。

商品名は「はいて歩いてカロリーアップ」とありますが、どれくらいアップしたのか書かれていないんですよね。

1%かもしれないし、30%かも知れない。着圧レギンスの運動サポートは、加圧トレーニングをベースにしてそうなので調べてみました。

テーピング技術を応用した着圧で加圧トレーニングのような負荷を期待

着圧レギンスの中には、テーピング技術で加圧トレーニングのような負荷を足のラインに与える物があります。

加圧トレーニングは、胡散臭いものではなく、科学的な根拠に沿っておこなわれています。

東京大学の石井直方教授によると、血流を圧迫した状態でトレーニングすると、通常の20%の軽いトレーニングで筋肉がつくというんですね。

筋血流制限下でのトレーニング:筋の付け根をベルトで圧迫し、筋血流を制限した状態でトレーニングすると、最大筋力の20%という低負荷強度でも筋が肥大し筋力が増強する

引用元:東京大学 石井直方教授の情報サイト

ただし、加圧トレーニングでかける圧力は110mmHg。着圧レギンスでよく使われるhPaに換算すると、146hPaです。加圧トレーニングの圧力は、市販の着圧レギンスの5~10倍の強さなんですね。

実際の加圧トレーニングは、危険のないようトレーナーがつきそい、過度に筋肉に負担をかけないようサポートするそうです。

着圧レギンスは、締め付けによって1/10程度のゆるい加圧トレーニングをしているような状態になるんですね。

着圧レギンスの運動サポート機能に根拠ある論文なし

加圧トレーニングでは、筋肉にかける負担が低くても筋肉が増える、という論文はありましたが、消費カロリーについて書かれた論文は見つかりませんでした。

もし効果があるのなら、消費カロリーが何パーセントアップした!!と書かれていると思うんですよね。

ライザップなどのムーブコントロール設計など運動サポートのあるものは、効果はあるけど、みるみる痩せるほど実感できるほどではない限定的なもの…と言えるでしょう。

とは言え、食事の改善や積極的な筋トレなどの運動は、脚やせには効果があるので、可能な限り取り入れていくのが良いでしょう。

ライザップの着圧レギンスでダイエット

ライザップは食事の指導と運動を併用することで痩せるダイエットメニュー。

ライザップによると、食事と運動に加えて、ライザップの着圧レギンスを着用することで運動時のカロリーアップ効果が期待できるということです。

ライザップの着圧レギンスにはいくつか種類があり、その中でお腹全体をカバーするハイウエストタイプがあります。

ハイウエストタイプでお腹を圧迫していると、空腹感が和らぐという効果があるんですね。お腹がペコペコ状態のときに、お腹に手をあてていると少し気が紛れる…という感覚に近いのかも知れません。

日常的に履くことで、現在ダイエット中だと意識できる点も良いかも。

ライザップの着圧レギンスのサイズ感

日中、違和感なく履けるほどで、仕事中などに着用している人も多いようです。

どちらかというと寒い時期に履くと暖かくなるほどの厚みなので、6月以降夏が近づいてくると「ズボンの下に履いたが、この時期はやっぱり暑い」という口コミがありました。

就寝中に着用するようには作られていないので、基本は日中に着用しましょう。寝るときに着用して「締め付けはきつくないけど、気分が悪くなった」という意見もありました。

口コミによると、「よく伸びる」「締め付けもそんなにきつくない」という意見が多いです。「着圧にしてはきつくない」という声もありました。

ジャストサイズを選んだら、「普通のタイツと変わらない着用感」という声もありました。あまりにサイズに差がなければ、ひとつ下のサイズを選んでも良いのかも知れません。

しかし、あくまで推奨はジャストサイズ。

まずは、体にあったサイズを購入し、余裕がありそうなら買い替えの時期にひとつ下のサイズに挑戦してみてもいいかも知れませんね。

ライザップ 着圧レギンス 口コミ/まとめ

口コミをまとめると、「とにかく安くて買いやすい」「着圧はゆるめ」「生地が薄くて、耐久性に難あり」という感じでした。

着圧レギンスってどういうものかな?っていう、最初の1枚としてお試しするには良いかも知れません。着用した直後から、下半身がちょっと引き締まって感じるのは間違いありません。

関連記事 着圧レギンスのおすすめ

タイトルとURLをコピーしました